紹介予定派遣で正職員に

派遣で看護師として働くよりも正職員として働きたいという人は多いのですが、そこで一つ問題があります。自分が働きたいと思っている職場が、本当に自分にあっているのかという問題です。
正職員として働くからには、そう簡単に辞めるわけにはいきません。やむにやまれぬ事情があれば話は別ですが、病院側も人手不足なのでなかなか話してくれないという時もあります。その場合、紹介予定派遣を利用して転職する方法がおすすめです。
紹介予定派遣は、一定の機関を派遣として働いたあとで正職員として契約するか考慮してもらえるという働き方です。つまり双方にとってのお試し期間のようなものです。
人間関係で苦労した看護師の方は、次に転職する職場はどのような雰囲気なのかがとても気になります。そこで紹介予定派遣で働き、本当にそこが良い職場なのかどうかを見極める時間を作る方法として紹介予定派遣を選ぶのです。
実際に紹介予定派遣で転職をした看護師の方は、多くがその職場に満足して正職員になっています。また派遣会社を利用すれば、派遣会社のスタッフが間に立って交渉することもできるので、精神的に楽というメリットもあります。
派遣と聞いただけで避ける人もいますが、派遣だからこそのメリットもあることを覚えておきましょう。

このサイトについて

転職を考えている看護師にとって気になる情報があります

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。